怪我や故障などの防止に繋がるピラティス

怪我や故障などの防止に繋がるピラティス

ピラティスは、第一次世界大戦の時に負傷した兵士のリハビリのために開発されたエクササイズです。
インナーマッスルを強化して、体全体のバランスを整えることができます。
インナーマッスルを強化しながら、姿勢を整えて体をコントロールすることを目的にしているため、ピラティスは怪我や故障などの防止ができるとして、アスリートなどにも取り入れられています。
頭・首・背中が正しいポジションで意識しながら鍛えていくことで、バランス良く体が動くようになります。
つまり体幹が安定することで、骨や筋肉などもきちんちと動くようになることで怪我や故障を避けることができる上、パフォーマンスが良くなる効果も得ることができます。
腰や膝などの負担を減らすことにもつながり、動きの良くない部分を修正し、良い動きを再現しやすくなります。
怪我などを避けて良いパフォーマンスをするためには、正しい姿勢で行うということが重要です。
ピラティスは、運動している人にも最適なエクササイズと言えます。

継続的なピラティスで向上をしていく柔軟性や免疫力

身体中心のコアの安定化を図るピラティスは、なめらかに手足を動かせるように導くストレッチです。
何もしないままだと人間の身体は硬くなりますが、ピラティスを継続していくと柔軟性が向上していきます。
だんだんと身体が柔らかくなることで、筋肉のこわばりも消えてほぐされるため、姿勢も改善されてよくありますし、血液の巡りまで順調になるのも利点です。
部分的に見がちですが全身は繋がっていて、栄養や酸素は血液により運ばれます。
筋肉が硬いままだと巡りも悪いもまま、大事な栄養も末端までは届きません。
柔軟性が高まることで血行促進となり、肩こりは軽くなって腰痛の緩和にもつながります。
また血液の流れが良好になることは、免疫力の向上にもつながることです。
健康の要ともなるのが免疫力、それが高まるのですから体調は良くなり、さらにベストなコンディションを維持しやすくなります。
インナーマッスルも無理なく鍛えることができるため、基礎代謝がアップするのもメリットです。

ピラティスに関する情報サイト
ピラティスの種類

・初心者にピラティスは難しいのではと思いがちですが、実は身体が硬い方や、普段あまり運動をしない方にこそお薦めのトレーニングです。 ・インナーマッスルが鍛えられ、美しく引き締まったボディになれるとともに、痩せやすく太りにくい体へと導きます。 ・筋トレのように大きな負荷がかからないので、比較的簡単に続けることができます。 ・服装などの制限なし。動きやすい服装であれば自由ですが、ダボついたウェアはマシン使用時には挟む危険があるので避けた方がよさそうです。裸足で行うので靴も不要で気軽に挑戦できます。

Search