ピラティスの効果やメリットは?初心者が知っておきたいポイントを分かりやすく紹介

・初心者にピラティスは難しいのではと思いがちですが、実は身体が硬い方や、普段あまり運動をしない方にこそお薦めのトレーニングです。
・インナーマッスルが鍛えられ、美しく引き締まったボディになれるとともに、痩せやすく太りにくい体へと導きます。
・筋トレのように大きな負荷がかからないので、比較的簡単に続けることができます。
・服装などの制限なし。
動きやすい服装であれば自由ですが、ダボついたウェアはマシン使用時には挟む危険があるので避けた方がよさそうです。
裸足で行うので靴も不要で気軽に挑戦できます。

ピラティスの効果やメリットは?初心者が知っておきたいポイントを分かりやすく紹介

このサイトでは、ピラティスの疑問や効果について紹介します。
運動初心者にとって、ピラティスは少しハードルが高く感じられますが、実は正しい身体の動きを学ぶことを目的とした簡単なエクササイズです。
もともと負傷した兵士のリハビリのために、入院中のベットの上でもできるように開発されたトレーニングです。
筋肉量が少ない方や、運動が苦手な方にこそお薦めしたいエクササイズです。
ピラティスにはマットの上で行うものと専用マシンの上で行うもの2種類があります。
自分の体重を支える自信のない方には、マシンのうえで行うマシンピラティスがお薦めです。
マシンにはバネが複数ついていて、身体にむりをかけずに効果的に取り組めます。

しなやかな肉体へと導いてくれるピラティス

しなやかな肉体に導いてくれるトレーニングが行える「ピラティス」は、健康や美容の意識が高い人を中心に人気が高くなっています。
ピラティスの目的は体の中心のコアを安定させることによって、手足を滑らかに動かすことにあり継続していけば体の柔軟性をアップさせることができることから、運動初心者からアスリートまで幅広い人がトレーニングに取り入れています。
柔軟性が上がると関節の可動域が広がるので、運動時の怪我の予防につながることや硬い筋肉がほぐさせることで悪い姿勢が改善され、血流の促進にも期待できます。
日々肩こりや腰痛に悩まされている方は、ピラティスを生活に取り入れるだけでしなやかな肉体を手に入れるだけではなく、血行促進による免疫力の向上で体調時にも役立てることが可能です。
そしてインナーマッスルを鍛えることは基礎代謝を向上させることにもつながるため、脂肪を溜め込みにくくスッキリと引き締まった体を手に入れることができます。
筋トレはアウターマッスルしか鍛えることが難しいため、体の内側からきれいになりたい方にも向いています。

インナーマッスルを鍛えられるピラティス

ピラティスは体をストレッチしたりバランスを保つことで、筋力の強化や理想的な姿勢を理解することが出来ます。
美しい体づくりだけではなく、慢性的に体に痛みを抱えている人に痛みの改善や予防を行うことも出来ます。
元々はリハビリ目的の為に、考えられたエクササイズです。
ピラティスを始めたいと考える人の中には、インナーマッスルを鍛えることが出来るからという理由を挙げる人も多くいます。
筋肉は表面にある大きなアウターマッスルと、深層にあるインナーマッスルが存在しています。
ピラティスを行なうことで自分では自由に動かせない、不随意筋と呼ばれる筋肉を鍛えることが出来ます。
崩れた姿勢やずれた骨盤を正常な位置に戻すことが出来て、腰痛や膝痛などの原因にもなっている体の歪みを正すことが出来ます。
正しい動きを身につけることで体に与える効果も変わってくるので、始めてみたいと考えているなら知識や技術があるトレーナーがいる教室へ通うことをおすすめします。

姿勢の改善効果が期待できるピラティス

美容に効果が高いと注目されている「ピラティス」ですが、現代人の悩みの1つである長時間のデスクワークやスマートフォンの利用によって起こる猫背など、悪い姿勢を改善する効果が期待されています。
ピラティスでは腹横筋と呼ばれる背骨に最も近い筋肉を鍛えることが可能であり、前から後ろへ押す力が強化されることによって猫背改善にも効果があると注目されます。
この腹横筋を強化することができれば、今まで無理に正しい姿勢を保とうと辛い思いをしてきた人も楽に維持することができるようになるメリットがあります。
実際に猫背になりがちな人の多くは、大胸筋や体の前面の筋肉が強く、腹部の筋肉が弱い状態になっていて、自然と体が前かがみの状態になりがちです。
肩が前に入りうつむき加減になっている状態を矯正するためにも、腹部を重点的に鍛えることで肩を前から後ろに押せるようになり、猫背が改善されていきます。
このトレーニングでは左右のバランスを確認しながら行なうので背骨のアンバランスも正す特徴があります。

ピラティスは綺麗なボディラインを目指す人におすすめ

ウエストが引き締まった女性らしい体を目指している方にとって、どんなダイエットを行えばいいのか迷ってしまう方も多いようです。
美しいボディラインを手に入れるためには、体のインナーマッスルを鍛えて、内蔵を正しい位置に戻してあげることが重要であり、インナーマッスルが鍛えられれば自然と基礎代謝力が向上するため普段の生活をしているだけでも痩せやすい体づくりが行えるメリットがあります。
そこで注目されているのが「ピラティス」であり、筋トレとは異なりインナーマッスルを重点的に鍛えることができるため、筋肉量を増加させ代謝アップをすれば脂肪燃焼の促進につなげられます。
ピラティスというと毎日のトレーニングが必要というイメージがありますが、初心者は週1~2回を目安にして開始し慣れてきたら週3~4回をペースに続けていくと体幹が自然と整っていくので、骨格の歪みや姿勢の改善など美しいボディラインを維持するために必要な要素を全て得ることができます。

ピラティスは体の歪みが気になる人におすすめ

身体の歪みが見られることは、人間にとって良いとは言えません。特に背骨や骨盤のゆがみは、全身のあらゆるところに悪影響を及ぼすのです。例えば骨盤のゆがみが見られると、腰痛になったり下腹部が出っぱってきたり下半身太りなども問題になってくるのです。
背骨が猫背になると、姿勢が悪くなりお尻や胸も垂れ下がり肩こりや頭痛などの慢性疾患をもたらすこともあるんです。また臓器なども圧迫することになるので、できるだけ体のゆがみを解消し姿勢を矯正した方が良いと言えるのです。それにはピラティスがおすすめです。体の筋肉をほぐし骨盤周辺の筋肉や背中周りの筋肉の緊張が取れていき、柔軟性が高くなっていって関節を本来の位置に戻す効果が期待できます。すると骨も元の定位置に戻ろうとするようになり、次第に姿勢や体のゆがみも矯正されるようになるんです。ピラティスは自他無二マットレスがあれば、其れだけで簡単に実践できるんです。DVDやzoomなどの講座で実践していくと良いでしょう。

ピラティス初心者におすすめの基本姿勢やポーズ

体のインナーマッスルを効果的に鍛えることができるとして人気が高まっている「ピラティス」ですが、初心者には難しいのではと躊躇してしまう方も多いです。ピラティスにはレベルによって様々なポーズを行っていく事ができるトレーニングなので、初心者のうちは体に無理をかけにくいポーズを選んでトレーニングしていくことが重要となります。初心者向けのポーズとしては、基本として腹式呼吸をマスターすることをおすすめします。ピラティスの腹式呼吸は棟を開閉させて行い、どのようなポーズもこの呼吸法と連動させていきます。
腹式呼吸の方法は肋骨の下に両手をあてて、背筋を伸ばして座り今ある息を全て吐ききります。次にお腹を緩めて鼻から吸いお腹と棟の広がりを感じて口から吐くを2~3回続けます。この基本をしっかり押さえて、ベルビックカールと呼ばれる姿勢調整やヒップアップにアプローチするポーズに挑戦しましょう。
ベルビックカールは仰向けになり脚を立てて、足裏を手の先に近い場所に置き息を吐きながら骨盤を後傾させながら背骨を1つずつ浮かせてお尻を持ち上げます。この時お尻にある骨と坐骨を両膝の方に伸ばして肩から両膝までは一直線の状態にすることがポイントです。

ピラティスは日中から夕方にかけて行うのがベスト

ピラティスの効果を最大限享受するためには、正しいフォームや呼吸法だけでなく実施する時間帯を意識することも大切です。ピラティスは、基本的に交感神経が活発になっている日中から夕方にかけて行うのがベストとされています。交感神経が活発な状態でのエクササイズは、代謝が上がりやすいため効率的に脂肪を燃焼させることが可能です。
なお、就寝中は重力から解放されることで椎間板の水分量が増加するため、起床直後は背骨の動きが悪くなります。ピラティスでは背骨を動かすことを重視するので、背骨の動きが悪い朝のエクササイズは効果的ではありません。エクササイズの効果が低下するだけでなく、ヘルニアのリスクも上昇するので朝にエクササイズしたい場合は起床してから1時間以上経過してから行いましょう。また、就寝前に行うと交感神経が活発になって寝つきが悪くなる恐れがあります。加えて、食後のエクササイズは消化不良を招くリスクがあるので、就寝前や食後のピラティスは控えましょう。

多くのアスリートがピラティスに注目する理由とは?

アスリートは様々なトレーニングを行っていますが、最近はピラティスに注目するアスリートが増えています。ピラティスはドイツで誕生したエクササイズで、身体の柔軟性を高めてバランスを整えます。
身体と精神の調和を大切にするエクササイズは、関節や筋肉の柔軟性も高めます。運動を続けるとストレスの解消に繋がり、疲労も減り活力が回復します。ピラティスは心身に意識を置いて行う簡単な運動で、誰でも安全に取り組めます。心身を自分の意志で調整し、眠っている脳細胞や筋肉細胞を刺激します。胸式呼吸は交感神経を刺激して背骨のバランスを整えるので、正しい姿勢を保てます。
ピラティスでは動きの質を重視して、ポジションに意識を向けて脳と神経を結びます。脳は心身の司令塔で、正しい状態に保つと本来の機能を取り戻せます。
心身のコントロール力を高めるエクササイズは、豊かなライフスタイルに繋がります。パソコンとインターネット環境を持っていれば、オンラインレッスンも気軽に受けられます。

ピラティスは筋肉のコリや痛みも解消できる?

ピラティスは、ヨガのような印象でとらえられていますがヨガに比べて呼吸法よりも体幹を鍛えることを念頭に置いたアクティビティです。体幹を鍛えることによって、均整の取れた体になりますしこれまでに筋肉のコリや誤った姿勢によって痛みがあった方も解消する可能性があります。
ピラティスをすることで、体のバランスが整いますし体の内側から鍛えられるので支える筋肉もつきますし痛みが解消されたり出にくくなったりするメリットがあるのが特徴です。例えば、腰痛があった人が改善したり肩こりが良くなったりといった風に良い作用があることが多いです。
ピラティスそのものに医療や治療などの効果があるわけではありませんが、鍛えていると副産物として体に良い作用があることは多いです。体幹が鍛えられるアクティビティなので、インナーマッスルの強化をしたい方はこの機会にピラティスをはじめてみてはいかがでしょうか。オンラインで重厚できるレッスンもあるので、在宅で受講できます。

ピラティスに関する情報サイト
ピラティスの種類

・初心者にピラティスは難しいのではと思いがちですが、実は身体が硬い方や、普段あまり運動をしない方にこそお薦めのトレーニングです。 ・インナーマッスルが鍛えられ、美しく引き締まったボディになれるとともに、痩せやすく太りにくい体へと導きます。 ・筋トレのように大きな負荷がかからないので、比較的簡単に続けることができます。 ・服装などの制限なし。動きやすい服装であれば自由ですが、ダボついたウェアはマシン使用時には挟む危険があるので避けた方がよさそうです。裸足で行うので靴も不要で気軽に挑戦できます。

Search